寝具の役割

大抵の日本人は寝る時布団を敷いて寝ます。ベッドにあらかじめ布団が敷いてある人もいるでしょう。寝るだけならば、特に必要のないものかもしれませんが、なぜ、人は布団を敷いて寝るのでしょうか。

人間は寝ている間に冬でもコップ1杯分程度の汗をかきます。その汗を吸収するため、寝具は欠かせない存在とも言えます。また、体温が下がったりするのを防ぐ役割もしています。コタツなどで寝るとよく風邪をひくといわれますが、これは上半身と下半身の温度差が激しく体温調整が上手くできなくなるからです。

まず、重要なのは敷き布団です。人の背骨はなだらかなS字の形をしているので、寝ている時もこの姿勢を保たなければいけません。ですので、柔らかすぎると体が沈みこんでしまうので注意が必要です。しかし、固すぎると今度は体の圧力が一点に集中してしまうので、腰などを痛めます。ですので、体の圧力を分散させることができる布団が良いのです。

次にかけ布団ですが、保温性と保湿性が重要になってきます。人が快適に眠れる温度は33度、湿度は50%とも言われています。これだけの温度と湿度を保ち、かつ、重たくない布団を選びましょう。また、あまりサラサラした質感のかけ布団は、寝返りをうった時にずれたりしてしまいます。羽毛がよいとされているのは、外の熱が伝わりにくく、フィット感もよいためです。手入れも容易です。

布団カバーも重要です。布団カバーをかけずに寝ると、汗や汚れなどを寝具が直接吸収してしまうので、寝具の手入れが困難になります。また、寝具が直接汚れてしまうので衛生的ではありません。

最後に枕ですが、これは腰痛解消や、重たい頭を支え、気道を確保するために使われています。また、敷き布団と同じく、人のS字になっている背骨を保つ役割もしています。枕がないと、あごがあがってしまい、頭に血が上ってしまいます。呼吸も圧迫され、不眠症になりがちです。いびきの原因にもなります。

床に直接寝ている知人がいましたが、非常に寝苦しそうでした。やはり、寝具は重要な役割を果たしているようです。

カテゴリー: 不眠症に関する知識, 敷布団に関する知識, 枕に関する知識, 睡眠に関する知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。