ストレスとは何か

ストレスはストレッサーと呼ばれる外的刺激が原因で起こります。
ストレッサーとはストレスを生物に与える何らかの刺激の事を言います。
主には物質的な刺激の事を言いますが心理的な意味も含まれ、
暑さや寒さ、痛み、生理的物質への反応、その他の感情などを指します。
ストレスの原因を意味しています。

ストレッサーが存在すると生体は各種ストレスホルモンの分泌が増加し、
ストレッサーに対する防衛を行い、これをストレス反応と呼びます。

ストレス反応とは一定に保たれている生体のバランスが崩れた状態から回復する際に生じる反応の事を言います。
これには生体的に有益な快ストレスと不利益である深いストレスがあります。
この二つのストレスが適度な量だけ存在しないとバランスが失われてしまい、
ストレス反応が生じます。

適度なストレスは各種機関を活性化するために存在し、
存在しなければ怠けものとなってしまいます。
これを快ストレスと言います。
対して過剰で慢性的なストレスは心身の健康を損なうので不快ストレスと言われます。
結局のところ快となるか不快となるかは本人次第ですので、
うまくコントロールすることが大切なのです。

ストレスでお悩みのあなたに、六角脳枕!詳細はこちら!!

カテゴリー: 身体に関する知識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>