睡眠に大切な寝具

身体の健康や生命を維持する動きを確保するためには深く充分な眠りが必要です。
なので、寝具の寝心地がとても重要になります。
体温の調節や汗を布団から放出して、放湿性、保温性などの性能が必要です。
睡眠中に血行を良くするためには寝返りのしやすさや局部に及ぶ神経、
筋肉などを圧迫しないかという性能も重要になります。

寝る事で眠った満足感が無いのは身体の健康や生命の維持する動きを妨害するものになります。
寝具の状態が睡眠の為の良い環境を作り足していない場合もあります。

また体内時計を正しくするためにも睡眠は大切なものです。
朝から起きて昼に働き、夜深く眠るという生活のサイクルが成り立っています。
この活動が崩れると睡眠が崩れてしまいます。
天気が悪くとも良くとも朝の光を受けることで体内時計を正す効果があります。
なので出来る限り毎日日の光を浴びることが大切になるのです。

身体がリラックスでき、静かな眠りを楽しめる寝具はとても大切なものとなっています。
天気の良い日には布団や枕を干してダニが付かないように、という配慮も大切になります。
睡眠中にコップ一杯の汗をかくと言われているので、
シーツや枕カバーは週に一回洗濯をすることをお勧めします。

 

睡眠でお悩みのあなたに、六角脳枕!詳細はこちら!! 

カテゴリー: 睡眠に関する知識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>