睡眠一つで生活習慣病も治る

健康な人でも睡眠時間を10時間とった場合と4時間しかとらなかった場合ですら、
食欲を抑えるホルモンが減少し食欲が肥大することが分かっています。
慢性的な寝不足の人は糖尿病などの生活習慣病や心筋梗塞や狭心症などの
冠動脈疾患に陥りやすい事が明らかになっています。

さらに生活習慣病の人は睡眠時無呼吸症候群や不眠症を併発している人が多いのです。
夜間の呼吸停止からストレスや炎症、代謝異常の生活習慣病の準備期間が進み、
結果的に高血圧、心不全になりやすくなるのです。
不眠症の人も血糖値を上昇させるものの過剰分泌、睡眠時間の短縮、鬱状態による活動性の低下など

が原因で
生活習慣病になりやすいのです。
入眠困難や中途覚醒、早朝覚醒状態のある人は糖尿病になる可能性が、
他の人に比較して1,5~2倍になっています。

睡眠不足が続けば女性の場合には肌への影響が出てきますし、日常生活では失敗やミス、
集中力の低下にもなります。
生活習慣病の高血圧を患っている人の場合には交感神経が活性化される事によって高血圧になる可能

性もあります。

生活習慣病を予防したいと思っているひとは睡眠不足を改善させることが大切です。
夜は22時までに就寝して午前2時までの間は睡眠状態にあるようにしましょう。

 

睡眠でお悩みのあなたに、六角脳枕!詳細はこちら!! 

カテゴリー: 睡眠に関する知識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>