精力アップで若々しいあなたへ【Going】

射精障害

射精障害について

射精障害とは、

・射精もオーガズムもない
・射精はないがオーガズムはある
・射精はあるがオーガズムはない
・射精もオーガズムもあるが異常に時間がかかる

といった状態に分けられます。
 
実際の症状は、膣内射精ができない(マスターベーションでは射精できても、膣内で射精することができない)、早漏、遅漏などがになります。
 

射精障害の主な原因として考えられるのは、心因性のもの、器質的な障害、
射精を抑制するような薬物の使用、間違ったマスターベーションなどが挙げられますが、
即効性のある改善策としては「間違ったマスターベーションの改善」です。
 
日頃から刺激の強いマスターベーションをしていると、腫内の刺激では物足りず、射精しにくなりますので注意が必要です。
 
器物などは使わず、手指で正しいマスターベーションを習得し、
膣内の刺激でも射精できるように日々訓練することが、現状打破の第一歩です。 

また、肉体的・精神的に疲れていると、「性交に集中する」ことができず、
萎えてしまいますが、そんな時には、意識的に「イメージ」を膨らませるように努力し、
自らの集中力を高めるように努力することが大切になります。

力強いあなたになる!南米パワーの精力剤Goingの詳細はこちら >>

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.