精力アップで若々しいあなたへ【Going】

早漏のメカニズムについて

早漏のメカニズム<解説>

早漏とは、性交の際に女性が性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことです。


海外ではPremature Ejaculationといわれます。
具体的には一般的に「膣内に挿入後30秒〜2分以内で射精」とも言われてます。
女性側からすると「自分が満足する前に射精してしまう」ことであり、
もしかしたら日本人の半数以上は早漏だと思われているのかもしれません。

そんな日本人男性に「早漏」のメカニズムが、海外の大学での研究によって、解明されました。
どうやら遺伝的な要因もあるということなので、持続時間の短さに悩まされている人は必見です。

BBC NEWSのによると、オランダのユトレヒト大学で 約180人の男性を対象に、実際にストップウォッチを用いて持続力を計測し、早漏とされる男性とそうでない男性を分けたところ、
早漏とされる男性はホルモンの1種である「セロトニン」を制御する遺伝子に問題があることが分かったようです。

セロトニンは絶頂に達する速度をコントロールする働きを持っており、この遺伝子を持つ男性は脳の絶頂をコントロールする部位でセロトニンが活発に働かないことから、
通常の約2倍の早さで絶頂に達してしまうとのことらしいのです。

つまり早漏の原因は基本的に心理的なものではないということのようですが、
特定のパートナーとの間でのみ、そのような問題が発生するのであれば、心理的な側面もあり得ます。
(精神的な影響が男性ホルモンに影響してます)

 

つまり、雑誌やクリニックで言われているような、
早漏の原因は包茎だからだとか、亀頭が小さいからということはほぼ関係ないわけです。
男性ホルモンを活発に働かす為には、ホルモン活性を手助けしてくれる精力剤がとても効果があるんです。


さあ、自信を持って実感してください。

 

南米パワーの精力剤「Going」の詳細はこちら >>

 

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.