精力アップで若々しいあなたへ【Going】

EDと診断される基準

EDと診断される基準とは・・・

性交をする際、十分なだけの勃起が出来ず、または維持できない状態の
ため、満足な性交渉ができないことをさします。
言葉の由来は「勃起障害(ED:erectile dysfunction)」からきています。

簡単な基準(国際的な基準ですが、)としては、最近6ヶ月の勃起の回数、
勃起を維持できる自信、性行為中の勃起の維持力、満足に性交渉が出来たかどうか
などで判断されるようです。

EDは病院での問診で診断されることが一般的で、EDの原因には機能性と器質性とが
あるようです。

機能性は心因性と言われ、精神的なものが多いようです。
EDの人の割合の多くを占めていると言われています。

器質性には、まさに身体の変調によるもので、陰茎に支障をきたした場合や
神経や血管の障害や内分泌異常などがあります。
非常に有名なものでは、糖尿病が原因でEDになるケースで神経や血管に支障をきたすことが原因と思われます。

精神的なEDの場合は性交が不可能でも、自慰は出来たりします。
また、いわゆる「朝立ち」の状態にはなったりすることが出来ます。

また、アメリカや日本など生活習慣病の人口が増加している国などは、
EDに悩む人数が増え続けています。

例えば、アメリカのED患者数は、3千万人にも上ると言われています。
また、日本でのED患者は、潜在的なものも加えると約1千万人と推測され
ています。

症状の違いはあるにしろ、40代の5人に1人、50代の3人に1人がEDと
といわれているから、大きな問題です。

精神的なEDも含めると成人男性は8割くらいがEDとの調査すらあるほどです。

EDの発生率は30〜70歳代までと幅広く、20歳代の人がなるケースもあって、
誰がなっても珍しい問題ではありません。

さらに、都心で働くビジネスマンはストレスのせいか、30代でもの3割近くが
心因性のEDを抱えているとも言われています。

精神的なストレスや肥満、内臓脂肪の増加など、日常の様々な原因から、
血流がわるくなることも原因の一つです。

ですから、日々の生活習慣の乱れやストレスの蓄積は注意しながら、
リラックスした生活と食生活がED防止に役立ちます。


 当サイトおすすめの精力剤はこちら >>

 

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.