精力アップで若々しいあなたへ【Going】

フロイトとリビドー(性衝動)

フロイトとリビドー(性衝動)ってなんでしょうか?

リビドーとはラテン語で「強い欲望」を意味する言葉で、日常的には主に
性的欲望、性衝動の意味で解釈されています。

対義語はデストルドーと言われていますが、これはフロイトの「快楽原則の彼岸」における「タナトス(死の欲動)」 の言い換えであって正確な対義語ではありません。

フロイト自身はその対義語として攻撃欲動という言葉を使っています。

精神分析学ではリビドーを様々な欲求に変換可能な心的エネルギーであるとし、イド(無意識)を源泉とします。
性にまつわるものではなく、本質的には人間の性をバラエティに富んだものへと向ける力と考えられています。

リビドーは非常に性的な性質をもつとして見られる一方、全ての人間の活動は「リビドーの変形である」とフロイトは解釈している。
特に文化的活動や、道徳的防衛はリビドーの変形したものやリビドーから身を守る為に自我が無意識的に防衛しているものと理解されている。

現代における世間一般的な解釈では、抑えきれない性的欲望というものを指して言われ、
肉食系男子を始めとする露骨な性的欲求を表現することへの象徴や、もしくは、性的欲望を軽蔑する意味合いとしても使われることがある。


あなたも究極の精力剤『Going』でリビドーを増幅させてみませんか?

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.