精力アップで若々しいあなたへ【Going】

ペニスの基礎知識

ペニスの基礎知識

ペニスの構造に関する知識を詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

ペニスには、陰茎海綿体左右1対と、その下側にある尿道海綿体の、計3本の海綿体が通っています。
亀頭の部分と、裏側を構成している部分が尿道海綿体で、中に尿道が通っています。他の陰茎の大部分を構成しているのが陰茎海綿体です。

海綿体の中は、蛇行する静脈洞が密集してスポンジ状になってます。
ここに血液が流れることで、海綿体が膨らみ、勃起状態となるのです。
男性ならばわかると思いますが、勃起時に最も硬くなるのは陰茎海綿体で、
尿道海綿体は比較的やわらかいままといわれています。
子宮口や腟を痛めないためそういった形状なのではないかと考えられています。

陰茎海綿体は、白膜と呼ばれる強靱で伸展性のある1〜2mmの被膜に包まれています。
尿道海綿体にも白膜はありますが、陰茎海綿体のものよりもはるかに薄いと言われています。
白膜のため、ペニスは強い硬さを保持できていると言われています。

血液が循環するのはどのような仕組みからなのでしょうか。
まず大動脈から内腸骨動脈にすすみ、内陰部動脈、陰茎動脈となります。
そして陰茎背動脈(陰茎の下側を通る動脈)と陰茎深動脈(陰茎海綿体の中を通る動脈)に分かれます。
陰茎深動脈はラセン動脈となり、これが海綿体洞と繋がっています。このようにしてペニスに血液は注ぐわけです。

この血管のうちどこかが閉塞などの異常を来たすと、ペニスに血液は流入しなくなります。
すなわち勃起障害の一因となるわけです(そのため、別の血管を介してラセン動脈に血液を注ぐ手術もあります)

こうして無事ペニスに血液はいき、海綿体洞は膨らみます。では何故入ってきた血液はそのまま陰茎深静脈に注がず、海綿体洞に留まるのでしょうか?
それは、ラセン動脈から大量の血液が海綿体洞に流入すると、陰茎背静脈・陰茎深静脈が押しつぶされるためです。
こうして血液が海綿体洞に留まることができるわけです。

人体とは本当に不思議なものですね。

さて、こういった自然作用を助ける為の精力剤も存在します。
そもそも精力剤とはバイアグラのような即効性のあるものだけではありません。

自然食品のような、栄養サプリメントのようなものも存在します。
それらは人間のもともとの機能を大切に守るものでもあるのです。

そういった精力剤を飲み続けることであなたのペニスはいつまでも健康に保たれることでしょう。


 生涯現役 ヨボヨボになってもペニスはカチンカチンが理想!と考えるあなたはコチラ

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.