精力アップで若々しいあなたへ【Going】

オーガニズムと脳波

オーガニズムと脳波の関係

まず、女性をベッドに誘うには彼女の脳波がアルファ波を出さなければいけない。
ベータ波は普段、頭で物事を考えるときに起こる脳波で、仕事中など起きている時間
はベータ波優位といえます。

アルファ波は心地よいときに起こる脳波でリラックスしていたり
安心していたり、マッサージなどでも心地よいと出る脳波になります。

つまりは話の内容などで、安心感や信頼を寄せる必要があるということです。

よく知り合ってすぐなどは、この人どんな人なの?とベータ波全開で話を聞いて
いるので、アルファ波に変えていくにはかなりのテクニックが必要かも知れない。

それでも、彼女が心地よいとされるキーワードを見つけて、アルファ波のスイッチ
を入れたいものである。

そして、上手くベッドイン出来たとして、脳波はどうなっているのだろうか。

セックスの最中も最初のうちは女性は頭で考えます。
どう思われるか?下着の色は変じゃないか?など、頭はフル回転している。

しかし、気分が高まるにつれ、徐々にアルファ波になっていく。

そしてエクスタシーを感じるとシータ波になる。
シータ波というのは、浅い睡眠状態で出る脳波だが、恍惚状態など、エクスタシーに達したときにも
出る脳波である。

しかしながら、女性の中では絶頂を感じることが出来ないと悩んでいる方も多いようだ。
そこで、そのような悩みを抱える夫婦のセックス時の脳波を計ると、シータ波は出ていない。

男性が自分だけがサッサとすませ、ペニスを抜くケースも多いようだ。

統計的に、女性も3回に1回はオーガニズムに達しないと欲求不満になるというデータも出ているので、 男性は十分注意が必要です。



次は、 気持ちのいいセックスとは? >>

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.