精力アップで若々しいあなたへ【Going】

男性ホルモンと精力剤の関係

男性ホルモンと精力剤のあまり知られていない秘密

男性ホルモンとは男性を特有の思考回路や体に発育させるホルモンのことです。


アンドロステネジオン、テストステロン、デヒドロエピアンドロステロンの3種類を総称して「アンドロゲン」と呼びます。
通常、健康な男子の場合、1日に約7mg程度の分泌があります。
一方女性ホルモンは、女性特有の体つきや体のリズムを管理してます。
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。
エストロゲンは排卵の準備をするホルモンで生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まります。
プロゲステロンは排卵後に分泌され、排卵を抑制するはたらきがあるのです。
女性の体内で分泌される一生分の女性ホルモンの量はおよそスプーン1杯程度だとか。
これほど微量でこれだけの威力を発揮する化学物質は他にはちょっと見当たらないかもしれませんね。。

話しは男性ホルモンに戻ります。
男性ホルモンは年齢を重ねるごとに減少していきます。
減少すると、勃起力にも直接的な影響がもたらされてしまうのです。
たとえ快感を得たとしても勃たたない!なんてことになってしまうのです。

さらに!
男性ホルモンの減少が及ぼす影響はそれだけではないのです。
人間はホルモンバランスが崩れると自律神経が乱れ、精神的にも不安定な状態になってしまうのです。(自律神経失調症)

男性の更年期障害などもまさにこの状態です。
精神面が不安定ですと、男性ホルモン云々以前に勃起に大きな影響を及ぼします。
特にうつ症状を併発してしまい、抗うつ薬が投与されるようになると、ますます勃起不全が進んでしまいます。
つまり、男性ホルモンは心身にさまざまな影響をもたらす重大なものなのです。

男性ホルモンの減少による勃起不全が本格化する前になにかしらの対策を考える必要があります。

その方法の一つとして挙げられるのが精力剤です。

男性ホルモンが配合された精力剤も多数出回っており、
内服薬と貼り薬・塗り薬の二つのタイプがあります。
これらを使用することで外部から補充することができます。
男性ホルモンを補充する効果をもたらすことができ、
勃起不全の対策に役立てることができます。
反面、体内で男性ホルモンを生成する力が弱まり、逆にホルモンバランスが崩れる可能性もあります。

マカや、ムイラプアマ、カツアーバなど自然食品を使った精力剤もあります。
これらは、体内の男性ホルモンを生成する力を助けるものです。
これらは長い間飲み続けなくてはいけませんが、
男性ホルモンを生成する力が徐々に強まってきますので、ホルモンバランスが崩れる心配もありませんし、
高齢になっても強い勃起力を持つ男性が多いと言われます。

マカ・ムイラプアマ・カツアーバ含有の精力剤の詳細はこちら >>

 

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.