精力アップで若々しいあなたへ【Going】

年齢とEDの関係

年齢とEDって関係あるんですか?

どうしても、年齢が高くなるにつれ、EDの有病率が高くなります。
大きな理由には、おおまかには身体的なものと精神的なものに二分することができます。
まず、身体的な理由としては、以下のようなものが挙げられます。

 ・男性ホルモンの欠如
  ・陰茎支配血管系の変化(陰茎に血液を送るために必要な血管機能の異常)
  ・糖尿病や高血圧症などの生活習慣病に伴ってEDが発症するケース

年代でいえば、40代から50代はEDの原因となる高血圧や糖尿病にかかる率が上昇します。
注意すべきは高血圧も糖尿病も生活習慣病であることです。
30代から食生活などに注意して、いわゆる生活習慣病を予防することが大事です。
EDにも繋がるわけですから・・・

精神的な原因での悩みは「性欲があるのに勃起しない」ことに苛立ち、自信をなくします。
原因として考えられるのは、パートナーの問題です。
中高年層になると、奥さんが更年期を過ぎて女性ホルモンが低下してきます。
それにより、性欲が低下したり、膣分泌液が不足したりすることがあります。
こうなると、奥さんが性交を苦痛に感じる、拒否するといった状況が起こり、
このことがきっかけとなってEDが発生してしまうことがあります。

また、立派に朝勃ちし、自慰では勃起するものの、いざ相手を前にするとダメになる
ケースも多くみまれます。
初めは元気でも性交中の“中折れ”やコンドーム装着で萎えるといった症状があります。
これは、精神的な理由によるEDです。
例えば、夫婦関係の気持ちのズレやどうしても子供を作らないとといったプレッシャー、
仕事や家庭内のストレスなどが大きく影響します。
こういう人はセックスレスになっていることも少なくないはずです。

また、性交の失敗体験や長い間性交をしていなかったなど、一回の失敗で急にうまくいかなく
なったというのも、精神的なEDの原因になります。

ではどうすればいいのでしょうか?

 

↓続きはこちら↓

勃起力をつけるためには ・・・>>

 

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.