精力アップで若々しいあなたへ【Going】

電磁波と精子の量

電磁波と精子の量について

どうも最近よく聞くのが電磁波が人体に与える影響です。
携帯の電波やパソコンの電波。これはもう現代社会においてきっても切り離せない
問題となっています。

一部の報道では電磁波が増えると小児の白血病の割合がふえるとも言われています。
これに対して、国という大きな存在は大きく発表したり、動いたりすることはありません。
実際にわかる形で大きな被害が出ないと国が動かないということは薬害エイズのときや
それ以外のときもそうですが・・・

そして、電磁波は国のエネルギーですから簡単に規制はできないのですが。

そもそも電磁波とはどういうものなのか?
電磁波は波長の短いものから言うと放射線、光、電波の順となります。

放射線や光は昔からあったものですが、18世紀以降、産業の発展により
電波がうまれ、生活必需品となりました。

家電や携帯、X線などさまざまなものに使われています。

それではなぜ、電磁波が人体に影響するのでしょうか?
今まで人類は自然の環境に適応して、存在していました。
しかし、人工的なものには対応出来ていないものがあります。

オゾン層の破壊になどにより増えた紫外線が皮膚癌を引き起こし、
自然の放射線を遥かにこえた値の放射線が白血病を引き起こしたように。

さて、電磁波の影響は人間が電気信号のより、体内の情報を伝達している
ことに関係しています。
つまり、電磁波が増えれば、体内の情報伝達に異常をきたすのです。

その影響の一つが精子の減少ということがわかっています。
男性が電磁波に被爆すると精子の数が減ります。

戦争中はレーダーなどを扱う劣悪な環境にいた人は白内障や子供が出来ない
人が大幅に増えました。
目と睾丸に影響が出たのです。

昨今の問題である不妊に関しては、女性に焦点がいきがちですが、
男性の方に問題がある人が5割にも上り、精子の量は、電磁波がない時代
と比べると格段に減っているといわれています。


次は、  インポテンツのメカニズム >>

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.