精力アップで若々しいあなたへ【Going】

中国の精力剤の危険性

中国の精力剤の危険性について

最近、中国製の精力剤による被害が増加しております。
何故中国製の精力剤で事故が多発しているのでしょうか。

最近ではネット上で「中国製バイアグラ」と謳った中国製精力剤を服用した40代の日本人男性が、
低血糖による意識障害に陥り1週間に渡って入院してしまいました。

オーストラリアでは「中国製バイアグラ」と謳った薬を服用し男女3人が似たような症状で病院に収容されるという事件がありました。

これらの事件は事態を重く見た厚生省から詳細が発表され、
それによるとバイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルも微量ながら検出されたものの、
驚かされたのはグリベンクラミドという成分が大量に含まれていたようなのです。

グリベンクラミドは糖尿病の患者が血糖値を下げる目的で使用する薬で、
通常の人が大量に摂取すると急激な血糖値の低下を招き、死の危険もあります。
そして実はED(勃起不全)に対しては効果はありません。

今回の事件で摘発された「中国製バイアグラ」はグリベンクラミドが1日の最大使用量の12倍にあたる量が含まれていたのです。
「中国製バイアグラ」は糖尿病の症状を過剰な薬物で押さえ込み無理矢理勃起させようと言うメカニズムで作られていたのです。

何も知らずに中国製精力剤を飲んだ場合、下手をすれば死を招く危険性もあることに注意してください。

安心の日本製、南米パワーの精力剤Goingの詳細はこちら >>

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.