精力アップで若々しいあなたへ【Going】

朝立ちとEDの関係

朝立ちとEDの関係ってあるの?

朝立ちには男性の元気の証の様なイメージを持っている方が多いと思います。
だから朝立ちしないと、インポか?と思ってしまう中高年男性が多いようで、朝立ちに対して警戒した感情を持つ傾向が強いようです。

だから、年齢と共に下半身の元気がなくなって来たときに、更に朝だちもしないとなると、EDなんじゃないか!
という考えに陥りがちです。

ただし、実際は朝だちしない朝があるからといってすぐにEDだと決め付けるのは早計です。
朝立ちは、目覚めた時の睡眠の状態と関係が深いので、朝立ちしない=EDとはなりません。

でも、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

睡眠には、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があり、就寝中は約90分サイクルでレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

他の身体機能が変化する様に、男性器(ペニス)の状態もノンレムとレム睡眠下では変化を繰り返していて、 レム睡眠中(浅い眠りの状態)には、ペニスが自然に勃起している状態になり、ノンレム睡眠中(深い眠り)では、ペニスは萎えた状態になっています。

通常、目覚める時は、レム睡眠下からの目覚めが多いので、男性器も勃起している状態で目覚める事が多いというカラクリです。

どうですか?ほっとしましたか?

 

この様に、朝だちしない時があるからと言っても、必ずしもEDと関係があるという訳ではありません。

ただし、就寝中から起床時まで、睡眠中全体を通して勃起現象が全く無い場合は、EDになっている場合もあります。

この場合は、朝立ちしない事が、EDを作っているのではなく、EDだから朝立ちしないのです。
その為、早期のED治療や、EDの改善が必要です。


次は、 EDと診断される基準とは >>

 

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.