精力アップで若々しいあなたへ【Going】

お酒と精力の関係

お酒と精力の関係って?

個人差にもよりますが、男性はアルコールを取りすぎると精力が低下すると言われています。
そんな経験ありますよね?

では、なぜなんでしょうか?

まずは、勃起のメカニズムについて簡単に説明します。
視覚や聴覚・触覚に刺激を受けると、脳の中にある勃起中枢が反応し、命令を出します。

しかし、お酒を飲んでしまうとと脳の働きが低下しているので、命令がスムーズにできないことがあげられます。

「若いから酔っ払っても大丈夫」と思っている人でも、年を取るとお酒の力に負けてしまうのが大多数です。
その理由は、男性ホルモンであるテステステロンの低下によるものと言われています。

若い時はテステステロンが多く分泌されるので、少しぐらいお酒を飲んでも、
このホルモンが勃起中枢を強く刺激して、命令を出させることができるのですが、
歳を取るごとにその働きが劣りえてしまうのです。

また、違う角度からの見解では、
アルコールを分解するのは肝臓で、その肝臓ではアルコール分解酵素というものが作られています。
そして、アルコール分解酵素の原材料となるのが、ビタミンB1・B2・B6・ビタミンC・亜鉛などで、 これらは精力を増大させる成分と重なるのです。

つまり、勃起をするための要素がアルコールの分解により、それらの成分が奪われてしまい、
お酒を飲むと精力が落ちるとも言われています。  


 当サイトおすすめの精力剤はこちら >>

Copyright(C) 精力剤【Going(ゴーイング)】 All Rights Reserved.